ページの先頭です。コンテンツへ進む

七ヶ浜町民便利帳

毎日の暮らしに役立つ情報集

ホーム > 七ヶ浜町民便利帳 > お知らせ[健康・福祉] > 認知症初期集中支援チームについて 

認知症初期集中支援チームについて 

七ヶ浜町では、認知症になっても本人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で暮らし続けられるために、「認知症初期集中支援チーム」を設置し、早期診断・早期対応に向けた取り組みを行っています。

認知症初期集中支援チームとは?

 認知症が疑われる方や認知症の方およびその家族を訪問し、認知症や日常生活に関する困り事を確認し、医療機関の受診や介護サービスの利用、ご家族支援等を行います。概ね6ヶ月を目安に初期支援を集中的に行います。
 チームのメンバーは、認知症専門医と社会福祉士、看護師、保健師等の専門職です。

支援の対象となる人は?

自宅で生活している40歳以上の町民で、認知症が疑われる方や認知症の方で、次の(1)または(2)にあてはまる方。

(1)医療サービス、介護サービスを受けていない方、または中断している方で次のいずれかにあてはまる方

  • 認知症診断を受けていない
  • 継続的な医療サービスを受けていない
  • 適切な介護サービスに結び付いていない
  • 介護サービスが中断している

(2)医療サービス、介護サービスを受けているが、認知症の症状が強く対応に困っている方

どこに相談すればよいの?

まずは、地域包括支援センターへご相談ください。

この件に関する問合せ

七ヶ浜町地域包括支援センター(七ヶ浜町役場内) (電話:022-357-7447)