ページの先頭です。コンテンツへ進む

生涯学習

「生涯学習の町」宣言

ホーム > 生涯学習 > [参加者追加募集]縄文見る・知る講座[全4回]

[参加者追加募集]縄文見る・知る講座[全4回]

開催日時・会場・内容

第1回 10月5日(土曜日) 10時~12時 会場:七ヶ浜町歴史資料館 研修室 【終了しました】

「縄文って」何? 消しゴムはんこでバックとノートをデザインしよう!

 1回目の講座では、縄文時代ってどんな時代だったのか、縄文時代の基本を学びます。

 資料館展示室の見学、町内の遺跡から見つかった縄文土器の観察、土器をデザインした消しゴムはんこを使ってバックとノートも作ります。

第2回 11月2日(土曜日) 10時~12時 会場:七ヶ浜町歴史資料館 研修室 【終了しました】

縄文土器を観察しよう! ミニ土器作り

 2回目の講座では、縄文時代の大発明品といわれる「縄文土器」の形に注目します。

 七ヶ浜町内の遺跡から見つかった縄文土器を観察して、土器の様々な形について学び、粘土を使ったミニ土器を作ります。

第3回 11月30日(土曜日) 10時~15時 (時間予定)

縄文・歴史バスツアー

 3回目の講座では、バスで七ヶ浜を飛び出して、県内の2か所の博物館を見学します。

 1か所目は多賀城市の「東北歴史博物館」。宮城県内の他、東北地方各地の歴史を紹介する県立の博物館です。

 今回は普段見られない博物館の裏側を見せていただきます。普段の場所からは見ることができない重要な博物館の仕事について、担当の方から説明をいただきながら見学します。

 2か所目は仙台市太白区の「仙台市縄文の森広場」。縄文時代のムラの跡に建つ博物館で、縄文時代の竪穴住居跡が復元されています。

第4回 12月21日(土曜日) 10時~12時 七ヶ浜町生涯学習センター1階 調理室

縄文土器の文様を観察しよう! 土器片クッキー作り

 4回目の講座では、縄文時代の大発明品といわれる「縄文土器」の文様に注目します。

 町内の遺跡から見つかった縄文土器を観察しながら土器に付けられた文様について学び、土器のかけらそっくりのクッキーを作ります。

参加費

各回 500円

※講座の内容によって参加費が異なる場合があります。

※開催当日の受付でお支払いいただきます。

対象・募集人数

小学4年生~中学3年生 各回14名

募集期間

第2回から4回の講座について参加者の追加募集を行っています。

申込み方法

歴史資料館へ電話でお申し込みください。

この件に関する問合せ

歴史資料館(電話:022-365-5567)