ページの先頭です。コンテンツへ進む

震災復興情報

がんばろう七ヶ浜!!

ホーム > まちづくりポータルサイト > 震災復興情報トップ > 応急仮設住宅

応急仮設住宅

(1) 応急仮設住宅(地域福祉課)

 震災にあわれた方の当面の住居として、仮設住宅を建設しました。6月18日(土曜日)すべての仮設住宅に入居を開始しております。

(2) 応急仮設住宅の申し込み受付について

 今回の震災で、住んでいた住居が半壊以上の被災を受け、なおかつ現在住むところがない応急仮設住宅要件に該当する世帯を対象に、仮設住宅を提供します。1月13日(金)まで町地域福祉課窓口にてお申し込み下さい。尚、応募者多数の場合は抽選の上決定します。

  • 七ヶ浜中学校第2グラウンド 3K 1戸
  • 七ヶ浜国際村第2駐車場  1DK 2戸
  • 謡児童遊園        2DK 1戸

お問い合わせ先 地域福祉課(022-357-7449)

(3) 仮設店舗のお知らせについて(入居意向希望)

 中小企業基盤整備機構(中小機構)の支援により、東日本大震災で店舗等に被害を受けられた事業者の方へ仮設店舗を建設してお貸しいたします。

場所
七ヶ浜町吉田浜字野山5-9地内  生涯学習センター入口付近
入居資格
震災時、七ヶ浜町内で被災された事業者で仮設店舗入居期間終了後も事業を継続される方。
施設仕様
  • 仮設店舗数は6区画 1区画(間口:3間×奥行き:4間=12坪タイプ)
  • 店舗建物の仕様:軽量鉄骨(プレハブ平屋造り)(合板床又はコンクリート床)
  • 店舗内部装備等 イ.天井照明 蛍光灯 照度300ルックス以上
    ロ.電力(低圧コンセント2~3ヶ所)(1区画400VA/㎡×面積)
    ハ.上水 1区画/1ヶ所
    ニ.排水口 取り出し1区画/1ヶ所
    ホ.電話回線引き込み 1区画/1ヶ所
    ヘ.TV TVフィーダー線取付け(共同アンテナ設置)
    ト.トイレ 6区画の共同水洗トイレ設置
    ※上記装備について、今後、変更になる場合もあります。
  • 8時30分から16時
入居条件
  • 七ヶ浜町と入居契約及び誓約書を締結していただきます。
  • 入居期間  概ね2年以内(毎年契約更新、期間延長となる場合有)
  • 無料
  • 共益費等
    共益費用については七ヶ浜町で定めますが、原則入居される事業者の負担となります。借用店舗部分の水道光熱費、清掃・衛生等、 その他使用者が仮設店舗の使用に際して、必要とする費用については、自己負担となります。
申込方法
 この申込みは、あくまで入居意向希望のための申込みなので、町選考委員会の審査決定後に本申請が必要となります。 なお、入居については、賑わい創出のため、多業種の出店を考慮いたします のであらかじめご了承ください。 また、申込み多数の場合は、選考委員会において決定たします。開店に伴う 店舗内の冷蔵庫や備品家具等については、関係機関に協力を要請してまいり ますが、原則として各事業者での準備となります。
 また、理容・美容業者など、同業種の共同店舗として,グループでの申込 みも受付可となります。 (例:鮮魚店・生鮮野菜店・理容店・美容店・雑貨店・飲食店(お酒の提供は不可)

様式ダウンロード:仮設施設申込書(Word版)

  • 申込期限 平成23年10月14日(金曜日)
  • 申込先  七ヶ浜町役場産業課
※この仮設施設整備事業は、中小企業基盤整備機構(中小機構)が施設(仮設)を建設して市町村に貸与し、 一定の期間支援される事業により実施するものです。

この件に関するお問い合わせ

地域福祉課(電話:022-357-7449)
産業課(電話:022-357-7443)