ページの先頭です。コンテンツへ進む

七ヶ浜国際村

ジャンルを超えた交流、文化創造の中核拠点。

ホーム > 七ヶ浜国際村 > お知らせ > 平成21年度七ヶ浜国際村フォトアルバム

平成21年度七ヶ浜国際村フォトアルバム

七ヶ浜国際村インターナショナルデイズ2009「メキシコ」

インターナショナルデイズ2009「メキシコ」1
インターナショナルデイズ2009「メキシコ」2
インターナショナルデイズ2009「メキシコ」3
インターナショナルデイズ2009「メキシコ」4

 2009年に日本と友好400周年を迎えた「メキシコ」をテーマ国に開催しました。鮮やかな伝統衣装をまとった「メキシコ・エン・ラ・ピエール」と「サボテンブラザース」によるホール公演は華やかなダンスと軽快な演奏で観客を魅了しました。また、メキシコ在住の神様的存在の日本人である白田良子氏によるタペストリーと裂き布の展示会や、リカルド・エスピノサの写真展などが人気を集めたほか、お菓子を詰めて割るメキシコ伝統のピニャータ割り、スパイシーな料理屋台コーナー、楽しいワークショップなどメキシコの極彩色に染まり賑やかな展開をみせた3日間でした。

  • 開催日 平成21年5月3日(日曜日)〜5日(火曜日)

▲ページトップ

七ヶ浜アート・ウォリアーズ2009海つよく 垂見健吾写真展「美ら海水族館のさかなたち」

垂見健吾写真展「美ら海水族館のさかなたち」1
垂見健吾写真展「美ら海水族館のさかなたち」2

 おきなわんミュージックのコーディネーターも努めた垂見氏の写真展は、沖縄にある世界最大の水族館「美ら海水族館」のさかなたちをとらえたもの。垂見流に撮影されたさかなたちはとても表情豊かで、見ている側も自然と笑顔になるようなものばかりでした。

  • 開催日 平成21年7月19日(日曜日)〜8月30日(日曜日)

▲ページトップ

七ヶ浜アート・ウォリアーズ2009海つよく「ナ・レイ・オ・ハワイ2009」

「ナ・レイ・オ・ハワイ2009」1
「ナ・レイ・オ・ハワイ2009」2

 毎年好評の「ナ・レイ・オ・ハワイ」。今回も「カフラ・オ・ハワイ」主宰の窪川京子氏をはじめ、国内外コンペティションで入賞した実力派が勢ぞろいしました。ハワイアンバンド「ナーレイ」の心にしみる演奏をバックに繰りひろげられたフラダンスの数々、ハワイアンムードあふれる特別な夜となりました。

  • 開催日 平成21年7月19日(日曜日)

▲ページトップ

七ヶ浜アート・ウォリアーズ2009海つよく「おきなわんミュージック最終回」

「おきなわんミュージック最終回」1
「おきなわんミュージック最終回」2
「おきなわんミュージック最終回」3
「おきなわんミュージック最終回」4

 諸外国の文化を積極的に吸収し、独自の文化を育てた沖縄。その独特の沖縄の文化を歌で届ける「おきなわんミュージック」の最終回を飾ったのは、新垣勉、琉球ストリングカルテット、キース・ナカガネク、と個性派揃い。新たな沖縄音楽の可能性を感じさせる、最終回にふさわしいステージとなりました。

  • 開催日 平成21年7月26日(日曜日)

▲ページトップ

七ヶ浜アート・ウォリアーズ2009海つよく「宮城うたの日in七ヶ浜」

「宮城うたの日in七ヶ浜」1
「宮城うたの日in七ヶ浜」2
「宮城うたの日in七ヶ浜」3
「宮城うたの日in七ヶ浜」4
「宮城うたの日in七ヶ浜」5
「宮城うたの日in七ヶ浜」6
「宮城うたの日in七ヶ浜」7

 音楽にあふれ、「うた」に感謝し、「うた」を楽しむ日。その「うたの日コンサート」が七ヶ浜で産声をあげました。七ヶ浜が一番輝く夏に開催。ゲストもミュージシャンもみんながうたを楽しんだ、わたしたちの「音楽祭」。記念すべき第1回目となった今回は、風味堂や三宅伸治バンド、さらに仙台出身のカラーボトルなど実力派ミュージシャンが勢ぞろいしました。なかなか観ることのできないミュージシャン同士のセンッションを多数盛り込み、ドラマティックな展開となりました。また、ステージには町内の中学校先生、国際村パフォーマンスカンパニーグループのNaNa5931、Groove7がミュージシャンと共演する場面もあり、まさに七ヶ浜でしか創りあげることのできない展開となりました。
 さらに、野外では東北で活躍するバンドのライブ、DJブース、地元の食材をふんだんに使った近藤商店やカフェ・ラ・ルナの屋台料理もあわせて、地元七ヶ浜ならではの音楽にあふれた一日となりました。

  • 開催日 平成21年8月9日(日曜日)

▲ページトップ

七ヶ浜アート・ウォリアーズ2008海つよく「仲道郁代ベートーヴェンピアノ・ソナタ全曲公演第2弾」

「仲道郁代ベートーヴェンピアノ・ソナタ全曲公演第2弾」1
「仲道郁代ベートーヴェンピアノ・ソナタ全曲公演第2弾」2
「仲道郁代ベートーヴェンピアノ・ソナタ全曲公演第2弾」3

 国際村レジデンスアーティスト・仲道氏の今夏のリサイタルはベートーヴェン全曲公演の第2弾。演奏曲はワルトシュタイン 希望と夢想 でした。さらに力強く、また温かみを増した仲道氏の演奏には会場全体が酔いしれました。来年は8月22日(日曜日)に決定。乞うご期待を。

  • 開催日 平成21年8月30日(日曜日)

▲ページトップ

来館者200万人突破

来館者200万人突破

 仲道郁代氏のピアノ・リサイタル時に国際村の来館者が200万人を突破しました。記念すべき200万人目となったのは仙台市の大川早苗さん。七ヶ浜については「海の幸も山の幸も美味しいし、住みやすそうでとても気に入っています。国際村のホールも見やすくて大好きです」と話していました。

  • 開催日 平成21年8月30日(日曜日)

▲ページトップ

まちに息づくクラシックⅥ

まちに息づくクラシックⅥ1
まちに息づくクラシックⅥ2

 おなじみ、大森智子氏(ソプラノ)、神谷未穂氏(ヴァイオリン)、中川賢一氏(ピアノ)によるステージ。今年は3年かけて創りあげたオペラ「あわび伝説」を、アーティストと小学6年生の有志がプログラムの一部で演じました。あわび伝説は七ヶ浜の花渕浜地区に残る伝説「大根明神の伝説」をもとに創ったもの。ロマンあふれる壮大な伝説がクラシック音楽と七ヶ浜の小学生の掛け橋にして再現され感動のステージとなりました。

  • 開催日 平成21年9月23日(水曜日)

▲ページトップ

七ヶ浜国際村パフォーマンスカンパニーNaNa5931第7回公演「NaNa'09」

NaNa'09_1
NaNa'09_2

 7年前に上演したオリジナルミュージカル「NaNa」の2009年度バージョン。七ヶ浜の伝説や歴史を織り込んだ本作品は、7年前に「あの役を演りたい」という願いが叶った団員、また7年前と同じ役を演じた団員もいて、魅力あふれるステージとなりました。毎年熟成をみせる表現で評価が高まるNaNa5931。来年度の公演もお楽しみに。

  • 開催日 平成21年11月21日(土曜日)・22日(日曜日)

▲ページトップ

七ヶ浜国際村パフォーマンスカンパニー公演「Groove Factory4」

Groove Factory4_1
Groove Factory4_2
Groove Factory4_3

 結成9年目となるGroove7の公演。アフリカの太鼓・ジャンベを中心にマリンバやカシシ、和太鼓なども取り入れバラエティ豊かに展開。プログラムの中には昨年より更にハイレベルな楽曲や、外国の曲、ボディパーカッションなどもあり、彼ら独特のグルーヴとリズムが観客をひきつけてやまないステージとなりました。

  • 開催日 平成21年11月23日(月曜日・祝日)

▲ページトップ

ウインター・スパイラル・サウンドデイズ2009

ウインター・スパイラル・サウンドデイズ2009_1
ウインター・スパイラル・サウンドデイズ2009_2
ウインター・スパイラル・サウンドデイズ2009_3

 今冬のイルミネーションのテーマは「小さな森」。光庭、中庭、野外ステージがそれぞれ個性あふれる「森」で幻想的な世界を創りだしました。

  • 開催日 平成21年12月12日(土曜日)〜25日(水曜日・祝日)

▲ページトップ

あそぶさございん 七ヶ浜deお正月

あそぶさございん 七ヶ浜deお正月1
あそぶさございん 七ヶ浜deお正月2
あそぶさございん 七ヶ浜deお正月3

 毎年恒例のお正月イベント。昔懐かしいお正月の遊びの数々を体験できるとあって、たくさんのお客様で賑わいました。アメ細工職人によるアメ細工のコーナーは、動物などの好きな形を注文するとその場で作ってくれるパフォーマンスが大好評。さらに恒例の七ヶ浜吉田浜地区に伝わる獅子舞の披露も非常に盛り上がりました。ほかにも餅つきのコーナー、今年初お目見えの焼き芋コーナー、同じく初お目見えのけん玉パフォーマンス、駄菓子屋、お茶席など子どもから大人まで昔ながらのお正月の一日を楽しみました。

  • 開催日 平成22年1月24日(日曜日)

▲ページトップ

お知らせ一覧に戻る

この件に関するお問い合わせ

七ヶ浜国際村(電話:022-357-5931) 電子メール:kokusai@shichigahama.com