ページの先頭です。コンテンツへ進む
うみ・ひと・まち 七ヶ浜
お問い合わせ
町で実施している各種業務の説明や、Q&A、様々な取り組みなどを紹介します。

姉妹都市プリマスの紹介と交流の歴史

 七ヶ浜町では開村100周年と明治に開設された高山外国人避暑地「高山国際村」の開村100周年を記念して、地勢、産業、人口が類似しているプリマス(アメリカ・マサチューセッツ州)を姉妹都市締結の候補地に選び、1989年に調査団を派遣しました。
 翌年8月には高校生10名と赤間町長がプリマスを親善訪問し、約1週間のホームステイを体験しました。プリマスの人たちは親善大使として訪れた子どもたちにとても感動し、「友好都市」が結ばれました。そして、わずか2か月後の10月にはトンプソン議長(首長)を団長とするプリマス親善訪問団が来町し、「姉妹都市締結」の調印が行われ、町の新たな国際交流の歴史が始まりました。

姉妹都市締結年月日

姉妹都市調印式写真1990年10月 3日(姉妹都市締結の日)

▲ページトップ

姉妹都市締結の同意文

姉妹都市提携の同意
姉妹都市提携の同意
マサチューセッツ州プリマス町・宮城県七ヶ浜町

姉妹都市同意書

 宮城県七ヶ浜町とマサチューセッツ州プリマス町は、美しい景観に囲まれた沿岸の街である。
 七ヶ浜町とプリマス町は、長く国際交流を行う。
 七ヶ浜町の公式訪問団と中・高校生がプリマスを訪問したことにより、交流が将来に確立される基礎をつくりあげた。
 私たち二つの地域社会は、経済、教育、文化、スポーツ等を通じての交流を奨励し助長するため、姉妹都市の関係を確立し、相互理解を深めるべきである。
 日本国宮城県七ヶ浜町民とアメリカ合衆国マサチューセッツ州プリマス町民の間には、姉妹都市の関係が今後とも存在することになる。
 宮城県七ヶ浜町において1990年10月3日に私達は以下に同意をもって調印する。
  • プリマス都市行政委員会委員 アルバ・C・トンプソン
  • 七ヶ浜町長 赤間今雄

▲ページトップ

プリマスの概要

プリマス風景  アメリカ東海岸のマサチューセッツ州南部にあるプリマスは、ボストンからはおよそ60キロ、ニューヨークからは320キロに位置する人口約6万人のリゾート地です。
  1620年、イギリスからメイフラワー号に乗った清教徒が新大陸に上陸、その地をプリマスと名付けました。美しい自然と豊かな海に恵まれ、博物館が数多くあり、アメリカ初期の風景や多くの史跡が保存され、「アメリカ発祥の地」あるいは「アメリカの故郷」とも呼ばれ、多くの観光客が見学に訪れる有名な所であります。

▲ページトップ

プリマスの歴史

メイフラワー号  1620年9月6日イギリスのプリマス港から清教徒102名が、わずか180トンほどのメイフラワー号で大西洋を渡り、1620年12月21日、新大陸(米国マサチューセッツ州南東部)にやっとの思いでたどりついたのでした。待っていたのはニューイングランドの厳しい寒さと病、そして食料不足でした。最初の冬には半数以上の人々が亡くなりました。人々の希望はやがて絶望に変わりました。しかし、生きのびた人々へ援助の手を差し伸べたのが先住民族、インディアン酋長のマッサソイトでした。やがてインディアンと清教徒との間に条約が結ばれ、トウモロコシの栽培法やメイプルシロップ、魚の取り方など、新大陸での暮らし方をたくさん教えたのでした。
  1621年の秋には、切開いた大地に作物が豊富に実り、清教徒たちは再び新大陸に希望を持つようになりました。そして明るい未来を祝って、マッサソイトを含む90人のインディアンとともに特別に感謝する日を設け、祝宴が開かれました。これがアメリカでとても有名な「感謝祭」の始まりなのです。
  その後、イギリスから新しい開拓者たちが次々と新大陸に移り住みました。植民地はだんだんと拡がり、現在のアメリカの基礎を築くことになったのです。プリマスは、アメリカ発祥の歴史そのものなのです。

▲ページトップ

姉妹都市プリマスとの交流の歴史

1989年(平成元年)10月

鎌田助役を団長とする姉妹都市調査団10名がプリマスを表敬訪問

1990年(平成2年)8月

  • 第1回青少年海外研修生(中・高校生)10名を派遣
  • 赤間町長を団長とする公式訪問団11名がプリマスを表敬訪問
  • 友好都市の調印(1990年8月18日)

1990年(平成2年)9月

プリマス・七ヶ浜 両町の議会で姉妹都市締結を承認

1990年(平成2年)10月

  • プリマスの議長(首長)を団長とする親善訪問団11名が来町
  • 姉妹都市の締結(1990年10月3日)

1991年(平成3年)9月

姉妹都市締結1周年記念‐産業視察団7名を派遣

1992年(平成4年)7月

第1回プリマス青少年訪問団 6名を受入れ

1992年(平成4年)8月

第2回青少年海外研修生(中・高校生)14名を派遣

1993年(平成5年)7月

  • 第2回プリマス青少年訪問団13名を受入れ
  • 七ヶ浜国際村オープン式にプリマスの議長はじめ23名を招聘

1993年(平成5年)9月

女性の翼海外研修で10名をプリマスに派遣

1994年(平成6年)8月

第3回青少年海外研修生(中・高校生)17名を派遣

1994年(平成6年)10月

プリマス北高校へ留学生(高校生)1名を派遣

1995年(平成7年)5月

留学生1名の受入れ、七ヶ浜国際村で研修

1995年(平成7年)6月

プリマス375周年祭に公式訪問団24名を派遣

1995年(平成7年)8月

  • 第3回プリマス青少年訪問団24名を受入れ
  • 長期留学生1名(高校生‐多賀城高校)の受入れ

1996年(平成8年)5月

アメリカ・ジャパンウィークへ参加

1996年(平成8年)6月

留学生1名の受入れ、七ヶ浜国際村で研修

1996年(平成8年)8月

  • プリマス南高校へ留学生(高校生)1名を派遣
  • 第4回青少年海外研修生(中・高校生)17名を派遣

1997年(平成9年)8月

第4回プリマス青少年訪問団9名を受入れ

1998年(平成10年)7月

プリマスみなと祭に招聘があり5名が訪問

1998年(平成10年)8月

第5回青少年海外研修生(中・高校生)18名を派遣

1999年(平成11年)8月

第5回プリマス青少年訪問団20名を受入れ

1999年(平成11年)8月

プリマス北高校へ留学生(高校生)1名を派遣

2000年(平成12年)8月

第6回青少年海外研修生(中・高校生)18名を派遣

2000年(平成12年)8月

  • 姉妹都市締結10周年・友好親善訪問のため3名を派遣
  • 「プリマス・七ヶ浜交換留学プログラムに関する協定書」に同意(2000年8月11日)
  • プリマス北高校及び南高校へ留学生(高校生)2名を派遣

2001年(平成13年)6月

第6回プリマス青少年訪問団及び教育関係者17名を受入れ

2001年(平成13年)9月

プリマス北高校及び南高校へ留学生(高校生)2名を派遣

2002年(平成14年)7月

短期ホームスティで高校生1名を受入れ

2002年(平成14年)8月

第7回青少年海外研修生(中学生)15名を派遣

2003年(平成15年)7月

第7回プリマス青少年訪問団13名を受入れ

2004年(平成16年)7月

短期ホームスティで高校生1名を受入れ

2004年(平成16年)8月

第8回青少年海外研修生(中学生)11名を派遣

2004年(平成16年)8月

  • 渡辺町長並びに阿部議長がプリマスを表敬訪問
  • 長期留学生1名(高校生‐多賀城高校)の受入れ

2005年(平成17年)6月

短期ホームスティで高校生1名を受入れ

2005年(平成17年)8月

  • 第8回プリマス青少年訪問団13名を受入れ
  • 長期留学生1名(高校生‐多賀城高校)の受入れ

2006年(平成18年)8月

  • 第9回青少年海外研修生(中・高校生)6名を派遣
  • 姉妹都市プリマスを訪問し友好を深める旅に1名(大学生)参加

2007年(平成19年)7月

  • 第9回プリマス青少年訪問団15名を受入れ
  • プリマスの議長はじめ5名が表敬訪問のため来町

2008年(平成20年)7月

  • 短期ホームステイで高校生1名を受入れ

2008年(平成20年)8月

  • 第10回青少年海外研修生(中・高校生)5名を派遣
  • 姉妹都市プリマスを訪問し友好を深める旅に1名(大学生)参加

2009年(平成21年)6月

  • 短期ホームステイで高校生1名を受入れ

2009年(平成21年)8月

  • 第10回プリマス青少年訪問団10名を受入れ

2010年(平成22年)8月

  • 姉妹都市締結20周年記念プリマス訪問に8名を派遣

▲ページトップ

この件に関するお問い合わせ

七ヶ浜国際村(電話:357-5931)

コンテンツは以上。この先はローカルナビゲーションメニューです