ページの先頭です。コンテンツへ進む
うみ・ひと・まち 七ヶ浜
お問い合わせ
町で実施している各種業務の説明や、Q&A、様々な取り組みなどを紹介します。

農地を異動・転用したい

農地の異動、転用は手続きが必要です 。

農地とは

 主に田や畑、採草放牧地のことをいいます。農地は現状で耕作していなくても(原野や山林化していても)下記の届出や申請が必要となります。また手続きに日数もかかりますのでご注意下さい。

  • 農地の所有権・貸借権を変更するときは手続きが必要です。(農地法第3条許可申請)
  • 農地を転用(農地以外の目的で使用)するときは手続きが必要です(農地法第4、5条許可申請)。
  • ほか、農地に関するいろいろな権利等をお考えの場合は、事前に町農業委員会へお問い合わせください。

農地法第3条許可申請における標準処理期間

  • 標準処理期間:30日
  • 申請書締切日:毎月15日(休日の場合翌日)
  • 総会開催日:毎月26日ごろ

下限面積(別段の面積)の設定について

 平成21年12月施行の改正農地法により、農業委員会が農林水産省令で定める基準に従い、市町村の区域内の全部又は一部についてこれらの面積の範囲内で別段の面積を定め、農林水産省令で定めるところにより、これに公示したときは、その面積を農地法第3条第2項第5号の下限面積として設定できることとなりました。  「農業委員会の適正な事務の実施について」(20経営第5791平成21年1月23日付け農林水産省経営局長通知)が、平成22年12月22日付けで一部改正され、農業委員会は、毎年、下限面積(別段の面積)の設定又は修正の必要性について審議することとなっています。  このため、今年度の下限面積(別段の面積)の設定について平成23年第4回農業委員会総会において審議を行った結果、次のとおりとします。


  • 農地法施行規則第20条第1項の適用について

【方針】  現行の下限面積(別段の面積)10アールの変更は行わない。

【理由】 農地基本台帳で、管内の農家で10アール未満の農地を耕作している農家が全農家数の4割を超えているため

この件に関するお問い合わせ

産業課内農業委員会(電話:357-7444)

コンテンツは以上。この先はローカルナビゲーションメニューです