ページの先頭です。コンテンツへ進む
うみ・ひと・まち 七ヶ浜
お問い合わせ
町で実施している各種業務の説明や、Q&A、様々な取り組みなどを紹介します。

特別名勝「松島」の現状変更と埋蔵文化財に関する手続きについて

 町内には史跡・名勝・天然記念物などの数多くの文化財があります。このような文化財を開発などで現状を変更しようとする場合は、文化財保護法に基づいて協議、届出、許可申請などの手続きが必要となります。町内に所在する文化財の周辺で各種開発を行う場合は、文化財関連の手続きの有無について確認の上、適切な手続きを行うようお願いいたします。
 これらの手続きに関する申請書類の受付やご相談等は、歴史資料館が担当しております。尚、特別名勝「松島」に関する手続きの詳細については、「特別名勝「松島」現状変更申請の手順について」をご覧下さい。

特別名勝「松島」の現状変更(同意)申請

 七ヶ浜町の海岸部は特別名勝松島の指定地域となっており、この指定地内において開発や工事等を行う場合、文化財保護法第125条第1項(申請者が各省庁の出先機関などの場合、同法第168条第2項)に基づく「現状変更許可(同意)申請」が必要となります。
 これは特別名勝松島の景観を維持していくことを目的に、宮城県が作成している特別名勝松島保存管理計画に基づいて指定地域内に8つの保護地区を設定し、保護地区内で現状に手を加えて、形状等を変更しようとする場合は、文化庁や宮城県教育委員会の許可(同意)を得なければならないというものです。

該当する行為

建築物

新築、建替え、増築、改修等

工作物

看板、電柱、電波塔等

工事

護岸工事、道路工事、急傾斜地崩落防止工事等の土木工事全般

 以上に挙げるものの他、規模に関わらず現状を変更するすべての行為

町内の主な対象地域

湊浜

砂場、弁天、新左衛門

松ヶ浜

長根、神明前、浜屋敷、洞坂

菖蒲田浜

長砂、牛ノ鼻木、宅地

花渕浜

長須賀、金色、浜沼、表浜一、表浜二、戸谷場、山ノ神、保ヶ崎、誰道、社敷場、堤谷、向山、寺坂、古舘、舘下、鹿野、観音堂、藤ヶ沢、上ノ山

吉田浜

浜屋敷、上ノ台、寺山、宮前、居久保、大豆沢、二月田、東君ヶ岡、西君ヶ岡、前塚、沢尻、台、神明、向田、後藤地

代ヶ崎浜

前島、向田、戸畑、影田、立花、峰、沢ノ上、一本松、八ヶ森、西

 この他にも対象となる地域がありますので、該当しているかどうかの確認は歴史資料館までお願い致します。

(注1)申請の内容によって異なりますが、現状変更の許可書が届くまで約1ヶ月半から2ヶ月かかりますので、工事計画にあたっては着工日等の決定に十分ご注意ください。また、保護地区によって新たな建築や設置が認められないなど規制が異なりますので、保護地区や規制内容等を十分ご確認ください。

▲ページトップ

埋蔵文化財に関する手続き

 国史跡大木囲貝塚及び町内の埋蔵文化財の範囲内または隣接地で、現状を変更しようとする(建物建築、道路工事、土地造成、土砂採取等)場合は、文化財保護法に基づいて協議・届出等の手続きが必要となります。町内の埋蔵文化財(遺跡・貝塚)の所在地は、宮城県教育庁文化財保護課のウェブサイトで公開されている、宮城県内の遺跡地図で確認してください。計画地が埋蔵文化財の範囲内または隣接地である場合は、歴史資料館までお問い合わせください。

▲ページトップ

この件に関するお問い合わせ

七ヶ浜町歴史資料館(電話:365-5567)

コンテンツは以上。この先はローカルナビゲーションメニューです