ページの先頭です。コンテンツへ進む
うみ・ひと・まち 七ヶ浜
お問い合わせ
町で実施している各種業務の説明や、Q&A、様々な取り組みなどを紹介します。

幼稚園・保育所・認定こども園

 平成27年度4月から、「子ども・子育て支援新制度」がスタートし、新制度に移行した幼稚園・ 保育所・認定こども園を希望する場合は、利用手続き等が変わります。

保育の必要性の認定制度について

 新制度では、小学校就学前のお子さんが、幼稚園や保育所、認定こども園などの施設を利用 する場合、従来の入園・入所の手続きの前に、「保育の必要性」の認定の手続きが必要となりま す。お子さんの年齢や、保護者の就労状況、家庭状況から、町が保育の必要性を判断し、認定 証を発行します。
 注)現行の幼稚園の中でこの新制度に移行しない施設は、認定証の申請は不要で、従来通り の入園申込となります。

支給認定は3つに区分され、利用できる施設が決まります。

区分 内容 利用できる施設
1号認定 満3歳以上で、教育を希望 幼稚園・認定こども園
2号認定 満3歳以上で保育を希望 幼稚園・認定こども園
3号認定 満3歳未満で保育を希望 幼稚園・認定こども園

 ※2号、3号認定は、保護者の就労時間などにより、「保育標準時間認定」(最長11時間/日) と、「保育短時間認定」(最長8時間/日)に区分されます。
 注)2号認定対象者であっても、保護者が幼稚園を希望する場合は、1号認定の申請が  可能です。

保育所、認定こども園で保育を希望する場合(2号、3号認定)は以下の「保育を必要とする事由」 に該当することが必要です。

  1. 就労(パートタイムの場合、週3日、月48時間以上の就労が必要です。)
  2. 妊娠・出産
  3. 保護者の疾病・傷害
  4. 同居又は親族の介護・看護
  5. 災害復旧
  6. 就学(職業訓練校、専門学校等)
  7. 求職活動
  8. 虐待やDVのおそれがある
  9. 育児休業取得中に、既に保育を利用していて継続利用が必要であること
  10. その他、上記に類する状態で町が認めたもの

▲ページトップ

保育料について

 新制度に基づく幼稚園や保育所、認定こども園の利用にかかる保育料は、保護者の所得に応じた 負担(応能負担)が基本となります。保育料の額は、国が定める基準を踏まえ町が定める事になります。
 その他に、施設により教材費等が徴収される事があります。
 注)現行の幼稚園の中で、この新制度に移行しない施設は、従来通りの園で定める保育料になり、幼稚園就園奨励費受給の対象となります。

新制度の利用の流れについて

【幼稚園、認定こども園を希望の場合】

 希望する施設に直接申込む。→施設から入園の内定を受ける。→施設を通じて利用のための認定の 申請をする。→施設を通じて町から認定証が交付される。→施設と契約(入園の手続き)


【保育所を希望の場合】
町(子育て支援センター)に認定の申請をする。(同時に入所申請が可能)→町から認定証が交付される。→入所の手続きに入る。


【申請時に提出する書類】

  • 支給認定申請書  
  • 保育を必要とする事由を証明する以下の書類(2,3号認定を受ける場合のみ)
保育を必要とする事由 添付書類
(1)就労 勤務証明書
(2)妊娠・出産 母子手帳のコピー
(3)疾病・障害 診断書等
(4)介護 診断書等
(6)就学 在学証明書等
(7)求職 ハローワークの登録証のコピー等
(9)育児休業 勤務証明書
上記以外 提示されたもの

(参考)
平成27年度より新制度に移行した施設  

種類 施設名 所在地 電話番号
幼稚園 和光幼稚園 花渕浜字寺坂12 022-357-2608
認定こども園 遠山幼稚園遠山保育園 遠山1丁目1-29 022-363-0037
022-385-5090
汐見台幼稚園汐見台保育園 汐見台3丁目3-43 022-357-5731
022-762-7420
保育所 遠山保育所 遠山4丁目3-18 022-366-0444

移行しない施設

種類 施設名 所在地 電話番号
幼稚園 第2柏幼稚園 東宮浜字笠岩16-15 022-364-7444
幼稚園 松ケ浜幼稚園 松ケ浜字長根6-1 022-357-2233

▲ページトップ

この件に関するお問い合わせ

子育て支援センター(電話:022-362-7731)

コンテンツは以上。この先はローカルナビゲーションメニューです