ページの先頭です。コンテンツへ進む
うみ・ひと・まち 七ヶ浜
お問い合わせ
町で実施している各種業務の説明や、Q&A、様々な取り組みなどを紹介します。

保険料の免除・納付猶予・特例制度について

法定免除

第1号被保険者(任意加入者を除く)で障害基礎年金、被用者年金制度の障害年金(1級、2級の受給権者)等や、生活保護法による生活援助を受けている方

▲ページトップ

申請免除(全額免除・4分の3免除・半額免除・4分の1免除)

 法定免除対象者以外の第1号被保険者(任意加入者、学生を除く)で本人、配偶者、世帯主の所得が一定以下の方、天災、失業等の理由により保険料を納付することが著しく困難な方が申請し認められると免除になる制度です。申請は年度(7月から翌6月)ごとで、毎年必要になります。ただし、申請時に継続申請を希望すると全額免除が承認された場合は申請の手続が不要になります。なお、免除の承認を受けた期間については老齢基礎年金の額が減額されますので、10年以内なら納める(追納)こともできます。一部が免除となった場合は、保険料の納付が必要です。納め忘れがあると未納扱いとなりますので、ご注意ください。


平成26年4月から国民年金保険料の免除等申請できる期間が拡大されました
これまでは、さかのぼって免除申請ができる期間は、申請時点の直前の7月まででした。 平成26年4月からは法律が改正され、保険料の納付期限から2年を経過していない期間(申請時点から2年1カ月前までの期間)について、さかのぼって免除等を申請できるようになりました。 ※2年1カ月前までさかのぼって免除等の申請ができるようになりましたが、申請が遅れると万一の際に障害年金や遺族年金などを受け取れない場合があります。免除等の申請は毎年7月~8月までの間にすみやかに申請していただきますようお願いします。

▲ページトップ

学生を対象とした「学生納付特例制度」

 前年の収入が一定以下の学生は申請して認められると保険料を後から納めることができる特例制度があります。年収約133万円がめやすです。申請は年度(4月から翌3月)ごとで、毎年必要になります。


平成26年4月から学生納付特例の申請できる期間が拡大されました
これまでは、さかのぼって学生納付特例の申請ができる期間は、申請時点の直前の4月まででした。
平成26年4月からは法律が改正され、保険料の納付期限から2年を経過していない期間(申請時点から2年1カ月前までの期間)について、さかのぼって学生納付特例の申請ができるようになりました。
※2年1カ月前までさかのぼって学生納付特例の申請ができるようになりましたが、申請が遅れると万一の際に障害年金や遺族年金などを受け取れない場合があります。免除等の申請はすみやかに申請していただきますようお願いします。

 

▲ページトップ

50歳未満の方を対象とした「納付猶予制度」(平成17年4月から平成27年6月まで)

 30歳未満の第1号被保険者本人と配偶者の所得が一定以下の場合は、同居している世帯主等の所得にかかわらず、申請により保険料を後から納めることができる特例制度です。期間は平成37年までの時限措置です。申請は年度(7月から翌6月)ごとで、毎年必要になります。ただし、申請時に継続申請を希望すると納付猶予が承認された場合、申請の手続が不要になります。猶予を承認された期間については、10年間以内なら納めること(追納)ができます。

 

平成26年4月から国民年金保険料の免除等申請できる期間が拡大されました
これまでは、さかのぼって免除申請ができる期間は、申請時点の直前の7月まででした。
平成26年4月からは法律が改正され、保険料の納付期限から2年を経過していない期間(申請時点から2年1カ月前までの期間)について、さかのぼって免除等を申請できるようになりました。
※2年1カ月前までさかのぼって免除等の申請ができるようになりましたが、申請が遅れると万一の際に障害年金や遺族年金などを受け取れない場合があります。免除等の申請は毎年7月~8月までの間にすみやかに申請していただきますようお願いします。

 

▲ページトップ

この件に関するお問い合わせ

町民課 国保年金係(電話:022-357-7446)

コンテンツは以上。この先はローカルナビゲーションメニューです