ホーム » 七ヶ浜町民便利帳トップページ » 「特定健康診査」「特定保健指導」が始まりました

うみ・ひと・まち 七ヶ浜

お知らせ

各種お知らせや募集、行事等を紹介します。町からの最新情報を知りたい場合はこちらをご利用下さい。

「特定健康診査」「特定保健指導」が始まりました

 平成20年度より40歳から74歳までの方を対象に、生活習慣病の予防に重点を置く「特定健康診査(特定健診)」、「特定保健指導」が始まりました。
  この新しい制度は、全ての医療保険者(国民健康保険、健康保険組合、共済組合など)に義務付けられたもので、健診でメタボリックシンドロームの該当者やその予備群を発見し、生活習慣の改善が必要な方には、保健師や栄養士などが健康づくりのサポートをしていくものです。

メタボリックシンドロームって何

 メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪症候群とも呼ばれています。内臓脂肪(臓器周辺の脂肪)の蓄積に加え、高血糖、高血圧、脂肪異常という危険因子を複数重ね持った状態を言います。これらの危険因子は、単独でも「動脈硬化」の発症リスクを高めますが、複数重なることで、心臓病、脳卒中、糖尿病などといった重大な生活習慣病につながりやすくなります。

▲ページトップ

特定健診は、メタボリックシンドロームに着目しています

 現在大きな問題となっている医療費の増大は、がんや心臓病、脳卒中など生活習慣病患者の増加が大きな原因となっています。増えつづける医療費に歯止めをかけるために、平成20年から新たに始まった特定健診では、生活習慣病予防を重要な柱として位置づけています。
  これまでの健診は、病気の早期発見が主な目的でしたが、特定健診では、生活習慣病の発症に大きく影響しているメタボリックシンドロームの該当者や予備群を見つけるため、新たに「腹囲」の測定が加わり、保健指導によって改善していくことが大きな目的です。
  特定健康診査を受け生活習慣病を予防することは、自分自身の健康を守ることはもちろん、家計の医療費負担額を抑え、高齢化社会における医療費の増加も防ぎます。
  特定健診は、必ず受けるようにしましょう。

▲ページトップ

特定健診などのご案内

40歳から74歳で、七ヶ浜町国民健康保険に加入している方

 七ヶ浜町の国民健康保険の加入者には、4月下旬から5月上旬にかけて、受診票が郵送されます。
  受診票が届きましたら、町内健診会場で受診してください。

当日持参するもの

  • 受診票(受診票がないと健診が受けられません)
  • 被保険者証
  • 受診料(自己負担金)

40歳から74歳で、国民健康保険以外の医療保険(健康保険組合、共済組合、全国健康保険協会、船員保険など)に加入している被扶養者

 ご加入の医療保険で特定健診を受けていただくことになります。加入している保険によっては、町の健診会場で受診できる方、指定する健診機関、病院等で受ける方などそれぞれ異なりますので、保険証の発行元から届けられる受診券を確認してください。
  なお、受診券がなければ健診は受けられませんのでご注意ください。詳しくは、加入されている医療保険にお問い合わせください。

35歳から39歳までの方と後期高齢者医療保険に加入している方

 前年度、皆様に健康診査を受診するか希望を伺っており、お申し込みいただいた方には、毎年4月下旬から5月上旬にかけて、受診票が配布されております。配布された受診票をお持ちになって今までどおり町内各会場で受診してください。

当日持参するもの

  • 35歳から39歳の方 無料
  • 後期高齢者医療保険に加入の方 無料
  • 受診票

▲ページトップ

この件に関するお問い合わせ

  • 特定健康診査に関することは、健康増進課保健指導係(電話:357-7448)
  • 特定保健指導に関することは、町民課国保年金係(電話:357-7446)
  • 特定健康診査等の制度全般に関することは、町民課国保年金係(電話:357-7446)
[コンテンツは以上。この先はローカルナビゲーションメニューです]