ページの先頭です。コンテンツへ進む
うみ・ひと・まち 七ヶ浜
お知らせ
各種お知らせや募集、行事等を紹介します。町からの最新情報を知りたい場合はこちらをご利用下さい。

父子家庭の皆さまにも児童扶養手当が支給されます

平成22年8月1日より、今まで母子家庭に対しての支給であった児童扶養手当が、父子家庭にも支給されることになりました。

受給するには

 児童扶養手当を受給するには、下記に示す支給要件を満たす方が町への申請(認定請求)をする必要があります。なお、7月31日までに支給要件に該当している方が、8月分からの手当を受給するためには、11月30日までの申請手続きが必要となりますので、該当される方は必ず手続きを行ってください。11月30日を過ぎると、申請のあった月の翌月分からの手当支給となります。(例:12月中に申請した場合、翌年の1月分から手当受給)
 申請にあたっては、印鑑、請求(受給)者及び該当する子どもの戸籍謄本、世帯全員の住民票、請求(受給)者名義の振込先通帳、所得証明書(他市区町村からの転入等により当町で所得判定できない場合など)等が必要になります。

支給要件

 父母の離婚等(ひとり親家庭)で、父または母と生計を同じくしていない18歳の年度末までの児童(または、20歳未満で政令で定める程度の障害の状態にある方)を監護する母、監護し生計を同じくする父、または父母が監護しないときは、その児童を養育する方で、公的年金を受けることができない方に支給されます。
 なお、手当額は手当を受けようとする方、同居する扶養親族等の所得が一定額以上の場合は、全部または一部が支給されません。

▲ページトップ

手当月額

 対象児童1人の場合、全部支給で41,140円(一部支給で9,710円から41,130円)が支給されます。なお、対象児童が2人以上いる場合は、この金額に、2人目の児童がいる場合5,000円が加算され、3人目以降の児童がいる場合は、さらに1人につき3,000円が加算されます。

▲ページトップ

所得制限

所得制限限度額表

所得制限限度額表
扶養親族数
(課税所得金額の計算上の扶養親族)
請求者本人 配偶者・扶養義務者及び孤児の養育者の所得制限限度額
全部支給の所得制限限度額 一部支給の所得制限限度額
0人
190,000円
1,920,000円
2,360,000円
1人
570,000円
2,300,000円
2,740,000円
2人
950,000円
2,680,000円
3,120,000円
3人
1,330,000円
3,060,000円
3,500,000円
4人
1,710,000円
3,440,000円
3,880,000円
5人
2,090,000円
3,820,000円
4,260,000円

(注)5人以上の場合、表の5人の場合の限度額に、扶養親族が1人増えるごとそれぞれ380,000円を加算する。

限度額加算額

本人

 特定扶養親族1人につき150,000円、老人控除対象配偶者・老人扶養親族1人につき100,000円を加算する。

扶養義務者等

 老人扶養親族1人につき(当該老人扶養親族のほかに扶養親族等がないときは、当該老人扶養親族のうち1人を除いた老人扶養親族1人につき)60,000円を加算する。

▲ページトップ

この件に関するお問い合わせ

地域福祉課社会福祉係(電話:022-357-7449)

コンテンツは以上。この先はローカルナビゲーションメニューです