ページの先頭です。コンテンツへ進む
うみ・ひと・まち 七ヶ浜
お知らせ
各種お知らせや募集、行事等を紹介します。町からの最新情報を知りたい場合はこちらをご利用下さい。

平成30年度から国民健康保険の運営に都道府県が加わります

 国保は現在、市町村が保険者となって運営していますが、国保制度の安定化を図るため、平成30年度からは都道府県と市町村が共に保険者となり運営します。

都道府県の役割

 財政運営の責任主体となり、安定的な財政運営や効率的な事業の確保等の国保運営に中心的な役割を担います。

市町村の役割

 被保険者と関係するきめ細かい事業を引き続き担います。

・資格管理(保険証発行等)・保険給付・保険税の賦課、徴収・保健事業 など

高額療養費多数該当の引き継ぎ

 過去12ヵ月以内に高額療養費の支給が4回以上ある場合に自己負担限度額が引き下げられる制度(多数該当)について、現在は他市町村へ転出すると転出先での支給回数は0回から始まりますが、平成30年度からは都道府県単位で資格を管理するため、県内の住所異動であれば転居前の支給回数も引き継ぎます。これにより、該当者の負担が軽減されます。

変わること、変わらないこと

 財政運営の仕組みは大きくかわりますが、みなさんの医療の受け方は変わりません。保険税もこれまで通りの納め方で、国保の各種申請や届け出なども、これまで通り変わりません。

宮城県国保医療課ホームページ

https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/kkh-iryou/kokuhotanika-index.html

▲ページトップ

この件に関するお問い合わせ

町民課 国保年金係(電話:022-357-7446)

コンテンツは以上。この先はローカルナビゲーションメニューです